ロゴ
HOME>イチオシ情報>目の下のクマが化粧品だけで治らない!皮膚科でクマ治療に挑戦

目の下のクマが化粧品だけで治らない!皮膚科でクマ治療に挑戦

目元

目の下のクマの種類

鏡を見て目の下にクマがあると、思わずテンションが下がってしまいますよね。クマは、コンシーラーやファンデーションで隠そうとしても、なかなか隠れてくれないやっかいなものです。そんなクマにも、種類があるのを知っているでしょうか。実は目のクマには4種類のクマがあり、まずは青クマ、目の下を引っ張ってみると青みがかったり、クマ自体が薄くなったりすれば青クマの可能性が高いです。他には、クマだけではなく、目元がくすんで茶色っぽくなるのが茶クマで、肌のたるみも共に生じるのが黒クマ、目頭の下の部分にできることが多い赤クマがあります。鏡を見て、自分のクマはどのクマなのかをはっきりさせてから、対処や治療を行うと良いでしょう。

鏡と女性

クマの種類別の正しい治療方法

主な治療法ですが、青クマは睡眠不足や冷え性、目の疲れなどによって目の周りにある毛細血管の流れが悪くなることが原因ですので、目元を温めることや、体自体を温めると良いでしょう。パソコンやスマホの使い過ぎであれば、あえてしばらく使用しないなどの工夫も大切です。茶クマは、目をこすったりする刺激や、紫外線などで沈着したメラニン色素が原因となるクマですので、極力目をこすらないで、紫外線対策を行い、美白ができる化粧品でケアをします。なお、中には皮膚科の治療を受ける方が良い茶クマもありますので、ご注意ください。そして黒クマですが、これは加齢による皮膚のたるみが原因ですので、皮膚科での治療が必要となります。最後に赤クマ、これも毛細血管の血行不良が原因です。ですが青クマよりは軽い症状ですので、この時点で同じく目元を温めることや目を酷使しないなどのケアを行うと良いです。また、目のクマには、ビタミンを多く摂取するという対策もありますので、体の外からも内かもケアをするようにしましょう。