ロゴ
HOME>Review>加齢由来のほうれい線は美容液でケア【ふっくら肌になろう】

加齢由来のほうれい線は美容液でケア【ふっくら肌になろう】

女性と美容液

年をとると徐々に濃くなってくるほうれい線は、目立ってくると老けて見えてしまいます。実年齢よりも年上に見られたりすることもあるので日頃からケアしておくことが大切です。ケア方法について知り、若々しい見た目をキープしていきましょう。

口コミ一覧

美容液で肌のハリが戻りほうれい線が薄くなりました

年々、鏡を見るたびに顔にハリがなくて口元のほうれい線が深くなって目立ってきました。ほうれい線は、肌の表面の水分や油分が不足した状態で保護膜が張られていない状態になります。乾燥が進むと肌の表面の角質がめくれあがった状態になって、バリア機能も低下するために外部の刺激を受けやすくなってほうれい線も深くなりがちです。そんな時は、丁寧にマッサージをした後にたっぷりの化粧水で水分を与えて、美容液でたっぷりの潤いを与えて乳液で油分を与えてふたをする方法で、お手入れをしました。美容液は、化粧水と乳液の中間のような存在で、べたべたしなくて保湿効果が高くてしっとりとします。使い続けているうちに、ほうれい線が薄くなってきて鏡を見ても気にならなくなりました。
【50代 女性】

コエンザイムQ10配合の美容液がお勧めですよ

肌のほうれい線が気になって、化粧品コーナーに行きました。美容液には、保湿・美白・アンチエイジングなど目的別に作られているものが多いそうで、自分の1番の目的に応じて選ぶのがいいそうです。その中でも人の体は、サビやすくて活性酸素が増加しやすいです。活性酸素は、正常な時にはウイルスを攻撃してくれますが、増加してくると正常な細胞を攻撃してきます。その結果肌を老化させてほうれい線を深くしてしまいます。このコエンザイムQ10が配合されている美容液は、活性酸素を減少させてくれるので肌を正常な水分にしてくれて保湿効果も高いです。コエンザイムQ10の美容液を使ってからほうれい線が目立たなくなりました。奮発して高い美容液を買うより、この先使い続けることが大切なので定期的に購入していけるものでコエンザイム配合のものを続けていこうと思います。
【50代 女性】